ソファに肘掛けは必要?見落としがちな3つのメリットをご紹介

ソファの肘掛けの必要性は人によって異なります。

以下の3つのメリットを考慮して検討すると良いでしょう。

1点目は体重を横にかけやすくなることです。

基本的に体重はシートや背もたれにかかるもので、横方向の傾きは想定されていません。

しかし、肘掛けがあると横に体を傾けつつ、そこから分散させる形で下方向への荷重も生じます。

これによって負担を小さくした状態で体の状態を調整しやすくなるのです。

2点目は視覚的な効果であり、肘掛けがあることで少し高級感が増します。

もちろん使われている素材にもよりますが、本体よりそこだけグレードが高いだけでも効果的です。

ほどよいアクセントとして機能し、他の部分までランクが上に見える作用をもたらします。

ソファ全体と同系色なら調和を乱すこともなく、うまくバランスがとれたインテリアになるでしょう。

3点目は空間的な敷居になることで、ソファの上を特別なエリアにすることも可能です。

肘掛けがうまく視線を遮るので、他の人との距離感をうまく作れるようになります。

顔は見えているため、隔離されているような感覚になることはありません。

話も普通にできますが、同じ部屋にいながらにして、パーソナルスペースをしっかり確保できます。

関連記事

  1. ソファの張り替えのタイミングは?DIYする時のポイントを解説

  2. ソファの耐用年数はどのくらい?長く使うためのポイントを解説

  3. ソファはDIYできる!簡単に作れるアイデアを3つ紹介します

  4. ソファにカバーは必要?メリットとアイテム選びのポイントを解説

  5. ヘッドレスト付きソファの魅力とは?おすすめな使い方も教えます

  6. ソファが柔らかすぎる時の対策は?手軽に改善できる方法を解説