ソファの耐用年数はどのくらい?長く使うためのポイントを解説

ソファの耐用年数は材質によって大きく異なります。

たとえば品質が良くない合皮の場合、わずか2年ほどで傷んでしまうことも珍しくありません。

合皮でも高品質ものもなら5年ぐらいは大丈夫です。

本革なら10年以上ほど状態を維持できますが、いずれにせよ長く使いたいなら定期的な手入れが欠かせません。

カバーを清潔にすることが、耐用年数を延ばすコツの基本です。

汚れたまま放置していると内部にまで浸透していく可能性があります。

それが原因で腐敗が進んでいくケースもありますし、湿気が溜まりやすくなるような懸念もあるのです。

さらにソファの置き場所に関しても注意しましょう。

直射日光が当たるところだと、紫外線の影響で劣化が進行しやすくなります。

窓際に配置した胃場合はUVカット機能があるカーテンを取り付けると良いでしょう。

そうすれば、少なくとも外出中などは紫外線の影響を軽減できるようになるからです。

また、自分が座る位置をずらすように心がけることもポイントになります。

同じところに座り続けていると、継続的な圧力によってその部分だけ傷んでいきます。

少しずつでも良いので、曜日などによって位置を変えることを習慣にすることが望ましいです。

関連記事

  1. ソファが柔らかすぎる時の対策は?手軽に改善できる方法を解説

  2. ソファに肘掛けは必要?見落としがちな3つのメリットをご紹介

  3. ソファの張り替えのタイミングは?DIYする時のポイントを解説

  4. ソファにカバーは必要?メリットとアイテム選びのポイントを解説

  5. ソファはDIYできる!簡単に作れるアイデアを3つ紹介します

  6. ヘッドレスト付きソファの魅力とは?おすすめな使い方も教えます